OKBLOG

筑波山の南方で自転車に跨るおじさんの記録

ロングライドから帰ってきました。

断捨離を進めた結果、ロードバイクはSCOTT Solace 1台が残留となりました。
さて、せっかくなので新しいホイールの感想を書き残しておきましょう。

image


そもそも何故キシエリを手放したのか。
普段使いには必要十分の性能だったはず。

その辺は環境の変化としか言えない。
子供が大きくなるにつれて、少しずつではあるものの峠に行く機会が増えてきた。
ご近所ポタ以外にも時間が作れるようになったのだ。(妻の協力に感謝)

そこで気になったのがブレーキ性能。銀リムの不安感。
Cosmic Carbone SLRとShamal milleで経験したPEOリムは最高でした!

選ばれたのはクアトロカーボンでした。
リムにはBORAで高評価だった3Diamant加工が!
海外で投げ売りされているのは、'17モデルから値下げが決まったからなのかな?
おかげで安く手に入った。
なお、天邪鬼なので巷で大人気のレーゼロカーボンは検討対象外でした。

  • 見た目
リムハイト40mm、さらにブレーキ面も黒くて良い。
「見た目は性能」です。

  • 走り出し
重くもなく軽くもなく
ZONDAやキシエリと同等かな。
コスカボSLRよりは軽い。

  • 加速
レーゼロのように「スコーン!」とはいかず、一瞬ためた後に「びょーん!」と加速する。
モロに足に跳ね返ってこないのでロングライドにも使えそう。
フレームとの相性にもよるけど、ソレイスとの組み合わせでは踏むよりも回したほうが良い。
空力のおかげか、30~40km/hの加速がとても楽。

  • 乗り心地
とても優しいです。
キシエリもそうだったけど、ワイドリム×25cの恩恵がスゴイ。
23cには戻れない。

  • 制動力
肝心のブレーキコントロール性、これは期待した通り。
↓のような具合
PEOアルミリム>>3Diamantカーボンリム>>>>>アルミリム

普段使いできるカーボンクリンチャーとしておひとつ如何でしょう。

15時間バッテリーライフを謳うEdge705ですが、購入から5年も経過すると
1時間も保たずに「Battery Low」が表示されるように…

お知り合いからスペア電池を譲ってもらったので早速交換することにしました。
IMG_2775
使った工具は星形ドライバー(T5)です。Amazonで300円くらいでした。

IMG_2776
バッテリーに
SDカードスロットが張り付いてしまっています。(後期モデル特有?)

IMG_2778

基盤を壊さないように丁寧に剥がし、元の位置にセットしました。
あとはバッテリーを装着してネジ止めしたら完成です。

どの程度まで回復したかをロングライドで試験してみようと思います。

↑このページのトップヘ